身近で加工性能抜群なアルミ丸棒の特徴について徹底解説

金属材料が使われている様々な分野

ドリル加工の様子

金やプラチナに代表される貴金属は、光沢があって美しいのが魅力的です。そのために金属材料の中には、工芸や芸術の分野で多用されているものもあります。また印鑑のように、今までは木や象牙などで作られていたものにも金属材料が使われています。特にタングステンは耐久性にも優れているので、実印をはじめとした高額な印鑑用の材料としても人気があります。したがって現在では通販サイトでも、タングステンを使った印鑑のセットを気軽に買うことができます。また重厚な金属材料はオフィスで活用されることも多く、スチール家具などが代表的な製品として挙げることができます。特にスチール製のキャビネットは、膨大な量の書類をコンパクトに収納したい場合にも役立ちます。そして家庭内やオフィスで使われている照明器具の中にも、金属材料で出来た部品類が含まれています。配線は銅で出来ており、本体にも金属が使われていることが多いです。またリサイクル技術の発展に伴って、照明器具の中の金属の再利用も容易になっています。リサイクルのコストも低くなっているので、銅に加えて鉄の再利用率も高まっています。再利用が容易な金属材料は、地球環境にも優しい点が魅力的です。