身近で加工性能抜群なアルミ丸棒の特徴について徹底解説

当たり前すぎてなかなか気付かない金属材料

下町の工場の風景

いつの時代からか『金属材料』というものが一般的になり、様々な場面で使われています。
今回は、金属材料とそれがどんなものに使われているのかを紹介いたします。

まずは、鉄鋼材料です。
この『金属材料』を多く使用しているのが、自動車です。
約70%は鉄鋼材料で出来ています。
地球温暖化などの環境問題と密接した関係ではありますが、便利な移動手段の一つではあります。

続いて、アルミニウム合金です。
この『金属材料』を多く利用しているのが、民間航空機です。
機体の約80%はこのアルミニウム合金でできていて、我々の旅行の移動において必須といえる存在でしょう。
前述した自動車よりも航空機というのはさらなる軽量化が必要になるため、その点を踏まえても優秀な金属材料だといえるでしょう。

また、アルミニウム合金は新幹線にも使用されています。
以前は、ステンレス鋼と併用して少しずつ使用していたそうなのですが、近年では新幹線も軽量化が必要という事になりアルミニウム合金の使用率が上がったのだと考えられます。

このように、今は旅行者が減って活躍の機会が減っていますが、これだけの『金属材料』が我々の移動を支えてくれています。ぜひ身の回りのものでどんな金属材料が使われているのか、探してみて下さい。