身近で加工性能抜群なアルミ丸棒の特徴について徹底解説

身近な物にも使われるアルミ・アルミ丸棒とは

溶接をする

日常利用する様々なものに金属材料であるアルミが使われています。例えば飲料の缶、食品の包装、自動車、建築物等様々です。
軽くて柔らかい金属材料であるアルミは加工しやすくあらゆるところに使われています。鉄や銅と比べて低い温度で溶け、熱の伝導率もよく反射性も良い等他に代用できる素材もあまりないぐらい便利な素材で、私達の日常生活になくてはならない素材です。
アルミは金属材料としては比較的新しく幅広く使われる様になってから100年ぐらいになります。100年という短い年月の間にこれ程欠かせない素材になったのはアルミの加工性が優れているからです。加工によく使われるアルミ材には例えばアルミ板、アルミ角パイプ、丸パイプ、アルミアングル等がありますが、代表的な素材のひとつにアルミ丸棒があります。アルミ丸棒は使用するアルミ合金の種類により特色が異なります。ホームセンター等でも販売しており、建材、航空部材の他DIY等で一般の家庭でも使われます。アルミで作られているので軽量で錆にも強いです。
とても便利な素材であるアルミですが、人体や土壌を痛めない環境に優しい素材です。熱に溶けやすいのでリサイクルもしやすいです。身近な物にも目に見えない部品にも使用される金属材料のアルミにはこれからもお世話になることでしょう。

アルミ丸棒などのアルミ材料の特徴とは

金属材料の一つであるアルミ材料には、アルミ丸棒、アルミ角棒、アルミ六角棒などのアルミ棒製品のほか、アルミフラット棒製品、アルミ板製品、アルミ線製品、アルミパイプ製品、アルミアングル製品、アルミチャンネル製品など、さまざまな種類があります。こうしたアルミ材料には、多くの特徴と利点があり、そうした点からさまざまな製品に活用されています。アルミの特徴として代表的なものは、まず、「軽いこと」があげられます。鉄や銅と比較すると比重は約3分の1なので、多くの輸送や旅客に関わる乗り物に使用されています。次にあげられるのは「強度」です。アルミ単体ではなく、合金とすることで強度が補強され、建築材料や構造材料に利用されています。さらに、「通電性」もアルミの大きな特徴です。銅の約2倍の通電性を持つので、エレクトロニクス分野では欠かせない金属です。また、鉄の約3倍の熱伝導率という、優れた「電熱性」はエンジン部品などに、「錆びにくい」特性は1円硬貨、飲料缶、道路標識などに、「毒性がない」特性からは、医療機器、食品などに、そして、再生が可能な「リサイクル可能材」であることから、再利用できる利点もあります。アルミ棒のようなアルミ材料は、さまざまな金属材料の中でも、私たちの生活に密接し、重要な役割を果たしています。

アルミ材料の一種であるアルミ丸棒の特徴

金属材料のなかで、アルミニウムまたはアルミニウム合金が使われている製品は多岐にわたります。アルミニウムやアルミニウム合金は、材料としては、板・丸棒・角棒・パイプ(丸管・角管)・線などの形で販売されています。金属材料の一つであるアルミ丸棒は、純アルミ製のものと合金製のものがあり、それぞれ優れた点と欠点があり、用途によって使い分ける必要があります。純アルミ丸棒は、加工性や耐食性や溶接性において優れていますが、強度が弱いという欠点があります。アルミ合金でできた丸棒は、純アルミ丸棒より強度を向上させた製品で、合金の種類によって、切削加工性が良好であったり、海水や工業地帯の汚染雰囲気に強かったりという特性があります。また、アルミ丸棒の成型方法としては、押出加工と引抜加工があります。この2つの加工方法は、成型方法の違いによって、成型可能な形状に違いがあります。押出加工では、棒形状やパイプ形状に加えて、他の方法では成型が困難な複雑な形状を、大量生産することが可能です。一方、引抜加工では、押出加工と比較して大きな製品を成型することはできませんが、寸法精度が良く表面もきれいな製品をつくることが可能であり、丸棒や細いパイプはほとんどこの方法で作られています。

これからアルミ丸棒等の加工金属が必要なら【イーメタルズ】に相談することをおすすめします。顧客の要望に沿った形状で納品してくれるので、とても便利です。